カルジェルネイリスト boriko のブログ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 新年 | main | シマリスアルバム >>
硫黄岳


雪山シーズンが始まりました。年内に記録しておこうと思いつつ忙しくて年をまたいでしまいましたが、2012年12月、クリスマス前に登った硫黄岳です。今年も棚橋靖さんにお世話になりました。もうガイドは棚橋先生一本!お世話になるようになってから3年目ぐらいになります。

今シーズン初の雪山は八ヶ岳の硫黄岳です。今年は私以外全員雪山が初めてという方の集まりでしたが、わたくし、体力ですぐに落ちこぼれました・・・とほほ〜

夏沢鉱泉 → オーレン小屋 → 夏沢峠 → 硫黄岳 → 夏沢峠 → オーレン小屋 → 夏沢鉱泉、のルート。この時期営業しているのは夏沢鉱泉だけです。

夏沢鉱泉が今回のお宿。茅野駅と山小屋間を往復送迎してくださいます。冷泉があり沸かしたお風呂にも入れます。


薪ストーブのある暖かい山小屋です。水も豊富ですが恐ろしく冷たいです!石鹸も利用可。就寝前に湯たんぽを配ってくださいます。翌朝は湯たんぽのお湯で洗顔するのです。


食事に使われるお野菜はすべてオーナーさんのご実家の農園のお野菜。なんとお味噌も山小屋自家製。


イノシシのお肉のお鍋、名物ぼたん鍋。温まります。


1日目は山小屋とオーレン小屋の往復で雪上歩行や耐風姿勢の練習。硫黄岳は地形上風が強い山だそうで、耐風姿勢は大事です。

2日目は硫黄岳登頂。1日目はわりと暖かかったので雨でしたが2日目は天気に恵まれました。後ろを歩いていた参加者の方が写真をたくさん撮ってくれていました。この手の写真は自分では撮れないので嬉しいですね。


毎回できてしまう私の前の方とギャップ・・・



もうすぐ山頂!このときはガスも晴れていましたが、私が山頂にヘロヘロたどり着いて見上げた時にはもうなにも見えなかった・・・山頂手前、風が強いところもありましたが、硫黄岳の風としては弱いほうらしい。


風の感じが分かりますね。


山頂。この、人の少ない雪山が好きです。


硫黄岳山頂2,760m。



下りは一部急な岩場の箇所のみ棚橋さんに確保してもらいながらおりました。岩場でのアイゼン歩行は気を付けねば。

お日様が顔を出しました。この辺はかなり楽しんでいます〜。



ひざを痛めてからこの硫黄岳までブランクができてしまったので心配でしたが、おかげさまで大事を取った甲斐あり、2週間前ぐらいから急によくなり、薬を飲まなくても階段の上り下りができるようになり、助かりました。体力的にはちょっとね〜。どうもこの燃費の悪さと心肺能力の低さは致命的だ。長くは歩けるんだけど。

今シーズンの雪山講習は4月まで続きます。昨シーズンの山とかぶらないように棚橋さんが山を変えてくださったので、また新たな山に挑戦することができます。

頑張るぞ!

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://shiang-nail.jugem.jp/trackback/383
TRACKBACK