カルジェルネイリスト boriko のブログ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 鳳凰三山 | main | オレンジカラー >>
西穂高岳
私としたことが、まだ西穂高岳のことを書いていなかったわ・・・

4月12日〜13日の週末で行った、私の雪山シーズンの最後を飾る北アルプス・西穂高岳です!

週末の天気予報が怪しかったので、直前に一日前倒しにしようかとガイドさんと相談しつつ、結局は予定通りの計画で土曜に新穂高ロープウェイから西穂山荘まで、日曜に山頂アタックしました。心配された天気はなんだったのかというほどの良いお天気で、山のお天気は本当にわかりません。

これは駐車場からロープウェイ口までで撮ったもの。いまだに毎回思う、「あんなところに行けるのかな・・・?」


雪の被った山を見るための観光客が利用するロープウェイにてこの日は2時間ぐらい?(忘れちゃった)であっという間に西穂山荘到着。ようこそ!な感じの雪だるま・・・?テント泊の方も多かったです。


ゆっくり午後の時間をすごしつつ5時半の早めの夕飯。竜田揚げ。とても快適な山荘でした。漫画もたくさんあって、夜は棚橋ガイドは弘兼憲史の「社長島耕作」を、私は吉田戦車の「スカートさん」と横山光輝の「バビル2世」を楽しみました。本当は「恐怖新聞」を読みたかったけどさすがに山小屋では怖くって・・・


夕食後は夕日を拝みにお外へ。月。私の普通のデジカメではどんなに寄っても肉眼でも見える月の模様は写真におさめられませんねぇ。なので諦めました。


Sun Down


朝早めの起床。お弁当を食べて出発。西穂山荘、結構朝早くから電気やストーブをつけてくれて明るくて暖かくて快適でした。

そんなこんなでもう独標。2,701m。ここは昨年の秋に逆ルートから来ましたね。


前穂。奥、右下にとがったところが奥穂です。昨秋は奥穂からこちらへ向かって歩いたのです。


ジャンダルム!


西穂高岳山頂。2,909m。風もほとんどなく、空も晴れ、とても条件の良い山登りでした。



来た道を戻り山荘でお昼を済ませ、予定よりだいぶ早く下山しました。

今年は体調不良で予定していた蝶が岳と鳳凰三山にいけず、雪山は3回のみとなってしまいましたが、それでも北アルプスの西穂を登れたので私としては結構満足。雪山これにて終了、また来年!
 
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://shiang-nail.jugem.jp/trackback/481
TRACKBACK